2019年11月12日火曜日

再起動宣言からまた既に1か月 いろいろとありました。

それもそうよ。RIDE ON SUSAMIの二日後にはロンドンに飛んで
6days race in LONDON、帰国しては翌日には台湾に飛んでクラブ主催の300キロライド、ほぼ半月みっちりの日程でしたがね。
つぶやきフォローできてる人はそんな状況報告閲覧できたと思います。
まずride on susamiは去年に引き続きゲスト参加させていただきついでに、もう一人選手を付け合わせ。牧瀬翼選手も今年は参加。その様子はすさみのfacebookを見てください
               釣り話ができる牧瀬選手?
温泉こだわる牧瀬選手?
別のpartyによばれてます。
オーナーばりクルーと焼き肉祭り

一日あけて翌日には成田

6days race in Londonとは 詳しくはウィキペディアしてみてください。名誉あるレースに小原佑太選手のサポートで帯同いたしました。はい、ちなみに彼もEUCですね。
現地で6daysを 司会者の説明ではトラック競技のツールなそうな、微妙な比較説明ではあったが確かに毎日競技6日間あるのわけなので選手も当然ですが、取り巻きも最後はあと3日 あと2日とカウントダウンを願うくらいに疲労はしてくるもの。
結局、全くホテルからlee valley veloparkの往復だけでしたからね。
観光する余力すらなかったですよ。
移動初日、日本から25時間かけて行ったのですが、酷なのはヒースロー空港から公共交通手段で行くと決めたことです。小原選手にとっては英語圏の遠征は初めて真向に知恵、体力試練となったのです。

乗り換えから~の
イギリスついてから地下鉄のりかえ~の
荷物満載ですでに25時間かかり~の
この荷物のせてくれるtaxi待ち~の
ホテルへいったのでした。


                   つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿